スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人民事再生の申請要件


個人民事再生とは自宅を手放すことなく借金を整理することができる制度です。
病気やリストラといった場合は三年間完済条件を緩めてもらえることもあるようですが、基本的には個人民事再生の三年間完済条件は達成しなければならないものです。
お年を召した方が家族にいる場合は住み慣れた土地を離れたくないでしょうし、子どもが楽しく学校に通っていれば借金が原因で転校させるというのも可愛そうでしょう。
ですから借金の総額が五千万円以下の方は自己破産を考えるよりも、まずは個人民事再生を活用できるかどうかを考えた方が良いと思います。
そのような方は法律の専門科に自己破産や個人民事再生も含め、借金整理について一度相談されると良いと思います。
ただ、個人民事再生は借金が無くなるというものではありません。
そして、個人民事再生が活用できる借金総額五千万円以下という条件の中に住宅ローンは含まれません。
ですから個人民事再生を活用した場合は、現在の家に住みながら住宅ローンを含む借金を返済していくということになります。
個人民事再生は、再生計画を立ててそれを裁判所が認めると借金の一部が免除されます。
ただ、個人民事再生は裁判所が認めた金額を三年間で完済しなければなりません。
自己破産の場合とは異なり、個人民事再生は家や土地といった不動産を手放すことなく借金を整理することができます

個人民事再生は借金の総額が五千万円以内で、なおかつ一定の収入を将来見込めるという方が活用できます。
そして個人民事再生の場合、住宅ローンは借金の一部免除に含まれません。
ですから個人民事再生の道を選んだ場合、住宅ローンは今までどおり利息も含めて払い続ける必要がります。
それでも不動産を手放さなくても良いというメリットがありますから、借金を抱えている人は個人民事再生を検討してみることをオススメします。

個人民事再生に関する情報は、インターネット上にたくさん掲載されています。
自己破産との違いを分かりやすく解説してくれているサイトもありますから、借金で悩んでいる人は一度見てみてください。
また、ネットを活用するとメールで個人民事再生について相談できるところもあるようです。
借金整理の話というのは難しく、個人民事再生も含め、なかなか理解できないという人もいるでしょう。
借金があまりにも膨大な場合は自己破産を考えなければならないでしょうが、五千万円以下なら個人民事再生を検討してみましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキングリンク集
プロフィール

モンキートップ

Author:モンキートップ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
kauli
エリアINFO


トレンドマッチ


ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。